私語禁止の「黙食」で給食が苦痛に…教員も悩む「食育はそれでいいの?」

2019/03/01 07:00

 楽しいはずの給食の時間が苦痛だという子どもたちがいる。背景には時間優先で余裕がなく、「黙食」をさせざるを得ない学校の実情がある。

あわせて読みたい

  • 「給食中は私語一切禁止」学校を取り巻く“不自由”の実態

    「給食中は私語一切禁止」学校を取り巻く“不自由”の実態

    AERA

    12/4

    食事中は完全に会話ナシ「黙食」の効果 お互いに顔を見合わせて「おいしいね」

    食事中は完全に会話ナシ「黙食」の効果 お互いに顔を見合わせて「おいしいね」

    AERA

    2/9

  • アレルギーの子どもを「疎外」しない 大阪狭山市の給食の取り組み

    アレルギーの子どもを「疎外」しない 大阪狭山市の給食の取り組み

    AERA

    3/10

    給食の完食指導で「会食恐怖症」になる人も 背景にある学校の「プレッシャー」

    給食の完食指導で「会食恐怖症」になる人も 背景にある学校の「プレッシャー」

    AERA

    3/1

  • 朝食をとらない子どもは成績が下がる? 朝に採るべき食品とは

    朝食をとらない子どもは成績が下がる? 朝に採るべき食品とは

    dot.

    3/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す