週刊誌AERAの名物企画「一行コピー」 2018年の名作・迷作を一挙公開!

上栗崇AERA
 2018年に創刊30周年を迎えたアエラにとって一行コピーは「看板」の一つ。4月から伝統のたすきを引き継ぎ、日々その重みをかみ締めながら……。って、ダジャレ考えてるだけですけど。肩の力抜いて、行きましょう! 昨年1年間の一行コピーを一挙紹介する。

*  *  *
シャンシャン紹介。
●2018年1月1・8日合併号/上野動物園でパンダの赤ちゃんシャンシャンがお披露目。その愛らしさに日本中が熱狂

宇野に結弦ん刑っ事。
●1月15日号/平昌五輪の男子フィギュア代表は羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事の3選手。羽生と宇野のワンツーフィニッシュに期待が高まった

ユウシもこれまで。
●1月22日号/メガバンクが相次いでリストラ策を発表。フィンテックの急成長で従来のビジネスモデルは限界か、とささやかれ始めた

サイキン怖いよね。
●1月29日号/抗菌薬が効かない「薬剤耐性菌」が話題に。抗菌薬がトイレから下水に流れ、下水処理場で多くの耐性菌が生まれるという

シンヤまでご苦労様です。
●2月5日号/京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長が、研究所の助教がデータを捏造していたと発表。信憑性に疑義があるとの情報を受け徹底的に内部調査し、公表した


NEMれぬ日々。
●2月12日号/仮想通貨取引所のコインチェックから、時価総額580億円分の仮想通貨「NEM」が不正流出。様々な仮想通貨が暴落するなどパニックに

金はユヅれない。
●2月19日号/平昌五輪の男子フィギュアの本番直前。「ぶっつけ本番」でケガからの復帰を目指す羽生結弦選手に注目が集まった

ピョン(チ)ャン五輪?
●2月26日号/熱戦が続いた平昌(ピョンチャン)五輪では、女子アイスホッケーで韓国と北朝鮮が合同チームを結成するなど平壌(ピョンヤン)の影も目立った

すべらない五輪。
●3月5日号/誰が聞いても、何度聞いても面白いのがすべらない話。誰が見ても、何度見ても感動するのが羽生結弦の五輪連覇

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック