灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

2018/07/23 13:14

 西日本豪雨災害から約2週間たった7月19日、全国でも被害が大きかった広島県坂町で災害ボランティアをした。最高気温が36度に達した酷暑の被災地で、ボランティア活動をするということはどういうことか。注意点も含めて、まとめた。

あわせて読みたい

  • “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    AERA

    7/24

    西日本豪雨の被災者を襲う3重苦 熱中症、ボランティア不足、避難所ストレス…

    西日本豪雨の被災者を襲う3重苦 熱中症、ボランティア不足、避難所ストレス…

    dot.

    7/17

  • 西日本豪雨被災地で実際に記者がボランティア活動をして見たもの

    西日本豪雨被災地で実際に記者がボランティア活動をして見たもの

    7/23

    九州 豪雨被災地も猛烈な暑さ

    九州 豪雨被災地も猛烈な暑さ

    tenki.jp

    7/31

  • 「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    「平成30年7月豪雨」と「平成26年8月豪雨」の被災地 なお残る爪痕と復興の兆し

    tenki.jp

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す