落合陽一の“介護を変える”試み 「減ってしまった人の能力は、テクノロジーで足せばいい」

介護を考える

2018/05/29 07:00

「現代の魔法使い」の異名を持つ科学者、落合陽一さんが手がける介護への試みが、今注目を集めている。その作品、テレウィールチェアから、テクノロジーが変える新時代の介護が見えてきた。車いすは「カメラの付いたデカいラジコン」「材料はほとんどアマゾンで調達」と言う落合流の介護へのアプローチとは。

あわせて読みたい

  • 落合陽一、写真好きな素顔「撮影するときは光の気持ちになる」

    落合陽一、写真好きな素顔「撮影するときは光の気持ちになる」

    AERA

    11/6

    2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    2045年、世界は激変する!?「シンギュラリティ」とは?落合陽一氏による超AI時代の生き方

    tenki.jp

    9/16

  • 小室哲哉 ライブステージを4K360°VR生配信

    小室哲哉 ライブステージを4K360°VR生配信

    Billboard JAPAN

    5/30

    ゲーム感覚でリハビリ、目線でiPad操作…ITで介護に劇的変化

    ゲーム感覚でリハビリ、目線でiPad操作…ITで介護に劇的変化

    AERA

    5/30

  • 100人の顔)グレイステクノロジーの松村幸治会長(64)「究極のマニュアルで社会を変える」

    100人の顔)グレイステクノロジーの松村幸治会長(64)「究極のマニュアルで社会を変える」

    週刊朝日

    1/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す