なぜ英語が口から出てこない? プロが伝授する英会話の「3要素」 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ英語が口から出てこない? プロが伝授する英会話の「3要素」

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子AERA

Skypeを利用するオンライン英会話。聞き取れないときは文字入力で確認できるので、不明な点を置き去りにせずにすむ。オリジナル教材は時事ニュースや基礎会話など多彩に用意されている(写真:レアジョブ英会話提供)

Skypeを利用するオンライン英会話。聞き取れないときは文字入力で確認できるので、不明な点を置き去りにせずにすむ。オリジナル教材は時事ニュースや基礎会話など多彩に用意されている(写真:レアジョブ英会話提供)

 少しでも長く、多く英語に触れるのが王道なのはわかっている。が、身近にネイティブスピーカーの友人もいないし、日本でフツーに暮らしていたら、英語で話す機会はそう多くはない。

「日本人は英語教育を6年も受けて、知識だけはあるんです。でも、それを発話につなげる“回路”が弱い」と指摘するのは、オンライン英会話「レアジョブ英会話」でカウンセラーを務める大西利武(さとむ)さんだ。

 大西さんによれば、英会話を成立させているのは知識・回路・実践の3要素という。学校で学んだ文法や読解力が「知識」。飛んでくる話題に何を投げ返すかを判断するのが「回路」。回路を通して出た答えを口に出すのが「実践」だ。

「相手の言っていることはわかるのに言葉が出てこないとか、決まった言い回しに終始してそこから踏み出せない、という悩みは多い。これは自分の中の知識を取り出す回路が弱いか、決まった回路しか使えていないということなんです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加