「早い、うまい、安い」な翻訳サービスが登場 必要なのは英語力より“使いこなし”術 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「早い、うまい、安い」な翻訳サービスが登場 必要なのは英語力より“使いこなし”術

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
Knot/2014年創業の国産時計ブランド。性能とデザインに優れた各パーツを自由に組み合わせてオリジナルの時計を作れる。メイド・イン・ジャパンの品質を世界に知らしめようとグローバルマーケットに参入し、ECサイトも多言語化(撮影/写真部・大野洋介)

Knot/2014年創業の国産時計ブランド。性能とデザインに優れた各パーツを自由に組み合わせてオリジナルの時計を作れる。メイド・イン・ジャパンの品質を世界に知らしめようとグローバルマーケットに参入し、ECサイトも多言語化(撮影/写真部・大野洋介)

Gengo/日本発のクラウド型人力翻訳サービス。中央に立っているのがマシュー・ロメインCEO。さまざまな国籍の社員が集う(撮影/写真部・東川哲也)

Gengo/日本発のクラウド型人力翻訳サービス。中央に立っているのがマシュー・ロメインCEO。さまざまな国籍の社員が集う(撮影/写真部・東川哲也)

「今度こそ英語をマスターする!」と何度思ったことか。目指すは「英語カースト」上位者。だが、AIもサービスも格段に進化している。本当に必要なのは実は勉強じゃなくて、それらの「使いこなし術」では?

【写真】日本発のクラウド型人力翻訳サービス「Gengo」の社内の様子はこちら

*  *  *
 東京・吉祥寺。メインストリートから数ブロック奥まった一角に、ひっそりと佇む店舗がある。平日の昼下がりだというのに、10坪足らずの店内はカップルや親子連れでいっぱいだ。ここは2014年創業の新しい時計ブランド、Knot(ノット)。人々が熱心に見つめる先にはメイド・イン・ジャパンの文字盤やベルト、バックルがずらりと並ぶ。これらを自由に組み合わせた「世界に一つだけの時計」を、1万円台からカスタムメイドできることからKnotの人気は高まった。昨秋からは販売先を、世界30カ国に広げた。

 世界市場を開拓する上でカギを握るのはECサイトだ。多言語化に取り組むECサイトは多いが、ネックになるのはコストと手間。しかしKnotはテクノロジーの活用で一気にその問題をクリアした。

 同社が使うのは、ウェブサイト多言語化サービスWOVN.io(ウ ォーブンドットアイオー)とクラウド型人力翻訳サービスのGengo(ゲンゴ)だ。前者は、簡単な作業で一瞬にしてサイト内のコンテンツを機械翻訳し、多言語化してくれるので、主に商品説明ページで活用している。一方、Gengoは機械ではなく人間による翻訳。ブランドのコンセプトを伝えたいページや、正確性が重要な取扱説明書を訳す時に使っているという。

 Knotの営業部でウェブディレクターを務める酒井創史さんによれば、当初はWOVN.ioの機械翻訳のみ利用していたが、英語が堪能なスタッフから、「微妙なニュアンスやブランドの空気感が伝わらない」と指摘された。そこからWOVN.ioと提携するGengoを使うようになった。酒井さんが驚いたのは、そのスピード感だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい