年末年始は大丈夫か 新幹線初の重大インシデント 「人手不足で亀裂見逃す?」と専門家

2017/12/14 17:56

 新幹線の安全神話を揺るがす事態が発生した。12月11日、博多発東京行きの新幹線のぞみが走行中に異常音や異臭が確認され、名古屋駅で運転を取りやめた。車両を保有するJR西日本は12日、車体を支える台車に亀裂が見つかったと発表。国土交通省の運輸安全委員会は同日、事故が発生する恐れがあった重大インシデントに新幹線では初めて認定し、調査を開始した。

あわせて読みたい

  • 運輸収入絶好調、JR各社の“新幹線力”を比較

    運輸収入絶好調、JR各社の“新幹線力”を比較

    週刊朝日

    5/13

    新幹線脱線で「逸脱防止装置」奏功 しかし古い技術に「トンネル内で止まると大惨事に繋がる恐れ」と専門家

    新幹線脱線で「逸脱防止装置」奏功 しかし古い技術に「トンネル内で止まると大惨事に繋がる恐れ」と専門家

    AERA

    3/29

  • 博多総合車両所に潜入! 「新幹線検査」を徹底レポ

    博多総合車両所に潜入! 「新幹線検査」を徹底レポ

    週刊朝日

    10/20

    車両浸水被害は300億円以上 北陸新幹線復旧が長期化するこれだけの事情

    車両浸水被害は300億円以上 北陸新幹線復旧が長期化するこれだけの事情

    dot.

    10/17

  • 新幹線で凶行が繰り返されてもセキュリティ対策が充実しない理由

    新幹線で凶行が繰り返されてもセキュリティ対策が充実しない理由

    ダイヤモンド・オンライン

    6/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す