AERA dot.

大企業が頼りにする「第3世代」のベンチャーとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#企業

ベンチャー企業が今後も成長を続けるために、必要な三つの要素とは?(※写真はイメージ)

ベンチャー企業が今後も成長を続けるために、必要な三つの要素とは?(※写真はイメージ)

 長谷川博和・早稲田大学大学院教授によると、ベンチャー企業と大手企業の関係性は「世代」で分けることができるという。今、大企業が頼りにする「第3世代」ベンチャーとはどんなものなのか。長谷川教授に聞いた。

*  *  *
 ベンチャー企業が今後も成長を続けるには、三つの要素が不可欠です。

 一つは経営者が、「なんとしてもやり抜く」という強い志と理念を持つこと。二つ目は、大企業に負けない中核技術やビジネスモデルを持ち、他社と差別化できること。ここまでは、どの時代も同じですね。

 最近求められるようになったのが三つ目、大企業と戦うのではなく、上手に連携してネットワークの中心、つまりハブになることです。

 ベンチャーといえど、事業の範囲は世界全体に広がりました。起業が容易になったことも影響しています。技術の進化によって、例えばサーバーなどの初期投資に必要な金額が下がってきたからです。世界を相手に競争を挑むなら、独力よりも大企業の人材、技術、資金を活用できたほうが有利であることは明らかでしょう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   企業 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加