元三井物産の社員が起業 無名で業績もない中で唯一できたことは… (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元三井物産の社員が起業 無名で業績もない中で唯一できたことは…

このエントリーをはてなブックマークに追加
羽根田真智AERA#仕事#働き方#転職
大手にはない魅力があるのがベンチャー企業(※写真はイメージ)

大手にはない魅力があるのがベンチャー企業(※写真はイメージ)

 個人に任される裁量やスピード感など、大手にはない魅力があるのがベンチャー企業。しかし一方で「知名度のなさ」という弱点も。ベンチャー企業の現場を取材した。

 今回取材したベンチャー経験者全員が、ベンチャーで働く醍醐味(だいごみ)として挙げたのは、「スピード感」。アイデアはすぐ社長に提案でき、GOが出た瞬間に動きだすことで、多くのことを突破できる。

 海外進出コンサルティングサービスの「サイエスト」では毎年、全社員で海外へ研修旅行に出かける。今年は急に決まった衆院選の投票日が、予定していた旅行日と重なった。社員の3割を占める「ママ社員」は退社後に期日前投票所に立ち寄る余裕がない。そこで、期日前投票のための半日休暇制度を急遽、新設した。企画からリリースまでわずか1週間だった。

 サイエストの広報担当者は、

「弊社の場合、社内制度ではなく新規事業の場合でも、リリースまで1カ月ほどが普通です」

「裁量権」「決裁権」も「スピード感」と共に突破力を構成する要素だ。

 大手アパレル会社に勤務していた女性(30)はその当時、80円のボールペンを1本買うのにも「なぜ替え芯ではなく本体か」の理由を文書にし、直属の上司、部長、総務部の承認を得なければならなかった。仕事の提案ともなると、関係部署に情報が行き渡るだけで数カ月……。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい