タンスから出てきた中国絵画に4千万円! ガラクタがお宝になる理由

2017/09/22 07:00

「断捨離」と言われても、なかなかモノが捨てられない。だが、インターネットのおかげで、実家の片づけや引っ越しで出るガラクタにも値がつく時代に。訪日する中国人が、家の片隅に置かれた中国骨董に高値をつけ、メルカリでどんどん遺品整理もできる。タンスの中は、宝の山だ。AERA 2017年9月25日号では「お宝流出時代」を大特集。中国人の間で注目を集めている、日本に残されている中国美術。その理由を探った。

あわせて読みたい

  • 中国人とメルカリのおかげで「ガラクタ」がお宝に? 驚きの流通額

    中国人とメルカリのおかげで「ガラクタ」がお宝に? 驚きの流通額

    AERA

    9/21

    日本に眠るお宝 中国に「回流」させるビジネス

    日本に眠るお宝 中国に「回流」させるビジネス

    AERA

    7/19

  • 購入品をネットで販売 日本の骨董買い求める外国人

    購入品をネットで販売 日本の骨董買い求める外国人

    AERA

    9/22

    俳優・石坂浩二さんのお宝は「1千万円前借りして29歳で買った絵画」

    俳優・石坂浩二さんのお宝は「1千万円前借りして29歳で買った絵画」

    AERA

    9/22

  • 47都道府県対抗 郷土のイチ押しお宝とは

    47都道府県対抗 郷土のイチ押しお宝とは

    AERA

    9/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す