アマゾン以降 モノとの出合い方が激変 映画監督・想田和弘

2017/07/24 16:00

 2000年に本のECサイトとして日本に上陸したアマゾン。いまやあらゆるものを扱い、他の追随を許さない巨大ECサイトに成長した。一方で、アエラが行ったアンケートでは、回答した137人のうち「アマゾンを使っている」と答えた人が96%。同時に、「できれば使いたくない」と答えた人が44%もいた。拡大の原動力は。便利なのに不安にさせるものの正体は。AERA 2017年7月24日号では「アマゾン」を大特集。

あわせて読みたい

  • アマゾンは「楽しくない買い物」では無敵 流通コンサルタント・角井亮一

    アマゾンは「楽しくない買い物」では無敵 流通コンサルタント・角井亮一

    AERA

    7/22

    私たちにはアマゾン以外も選択肢がある 京都大学特定教授・川上浩司

    私たちにはアマゾン以外も選択肢がある 京都大学特定教授・川上浩司

    AERA

    7/23

  • ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    ロハコ、ヨドバシ・ドット・コム、dTV 日本企業が狙うアマゾンの「死角」

    AERA

    7/21

    マーケットプレイス出品企業が恐れる「アマゾン依存」

    マーケットプレイス出品企業が恐れる「アマゾン依存」

    AERA

    7/22

  • アマゾンブックス・ニューヨーク1号店 本はすべて「面陳」のわけ

    アマゾンブックス・ニューヨーク1号店 本はすべて「面陳」のわけ

    AERA

    7/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す