「CODA」の監督が撮った 「ろう」の夫婦の音のある生活

2017/06/17 11:30

 聴覚に障害を持つ両親の子どもとして生まれた映画監督が、自分の家族を題材にドキュメンタリー映画を撮った。家族の暮らしには、音があった。

あわせて読みたい

  • 「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    AERA

    8/29

    聴覚障害者、FAXで病院に相談も「電話で相談して」 コロナ禍で障害者が直面する困難

    聴覚障害者、FAXで病院に相談も「電話で相談して」 コロナ禍で障害者が直面する困難

    AERA

    6/8

  • 障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    障害者ら多く雇用し黒字転換 年間1500人が見学に来るダイキン子会社

    AERA

    4/6

    実は敬語、あいさつも難しい? ろう難聴者が抱える職場での課題

    実は敬語、あいさつも難しい? ろう難聴者が抱える職場での課題

    AERA

    9/30

  • 誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    dot.

    9/28

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す