ひきこもる人たちの高齢化問題、親が亡くなった後…

おひとりさま

2017/05/12 07:00

 ひきこもり期間が長期化し、親が死亡して生活に行き詰まるケースも出てきた。ひきこもる人たちが生きていけるようなマネープランの立案や支援は喫緊の課題だ。

あわせて読みたい

  • 中年ひきこもりの「絶望のプラン」 40歳が分岐点

    中年ひきこもりの「絶望のプラン」 40歳が分岐点

    AERA

    11/2

    40代のひきこもり10万人超え マネープランの説明が必要

    40代のひきこもり10万人超え マネープランの説明が必要

    AERA

    11/2

  • 50代ひきこもりと80代親のリアル 毎年300万円の仕送りの果て

    50代ひきこもりと80代親のリアル 毎年300万円の仕送りの果て

    AERA

    2/12

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    週刊朝日

    6/26

  • “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    週刊朝日

    6/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す