BRAHMAN・TOSHI-LOW×THA BLUE HERB・ILL-BOSSTINO対談 震災から6年を経た日本を歌う理由 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BRAHMAN・TOSHI-LOW×THA BLUE HERB・ILL-BOSSTINO対談 震災から6年を経た日本を歌う理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
田茂井治AERA#原発#東日本大震災
(右)TOSHI-LOW:1974年生まれ。BRAHMANのボーカリスト。2015年バンド史上初のベストアルバム「尽未来際」をリリース。3・11以降は精力的な支援活動を行う/ILL-BOSSTINO/1971年生まれ。札幌市が本拠地のヒップホップグループTHA BLUE HERBのラッパー。アルバムは「TOTAL」など。ヒップホップシーンのトップを走り続ける(撮影/写真部・長谷川唯)

(右)TOSHI-LOW:1974年生まれ。BRAHMANのボーカリスト。2015年バンド史上初のベストアルバム「尽未来際」をリリース。3・11以降は精力的な支援活動を行う/ILL-BOSSTINO/1971年生まれ。札幌市が本拠地のヒップホップグループTHA BLUE HERBのラッパー。アルバムは「TOTAL」など。ヒップホップシーンのトップを走り続ける(撮影/写真部・長谷川唯)

TOSHI-LOWが震災以降MCを始めたことに関して、言葉のプロであるILL-BOSSTINOは「トシロウは開花した。MCだけを集めた“MC集”を出してほしいぐらい(笑)」と話した(撮影/写真部・長谷川唯)

TOSHI-LOWが震災以降MCを始めたことに関して、言葉のプロであるILL-BOSSTINOは「トシロウは開花した。MCだけを集めた“MC集”を出してほしいぐらい(笑)」と話した(撮影/写真部・長谷川唯)

 結成22年を迎えたロックバンドBRAHMANが4月12日に1年9カ月ぶりとなるニューシングルをリリースした。そのうちの1曲「ラストダンス」は、ラッパーILL-BOSSTINOとのコラボ曲だ。震災から6年を経た日本を歌う。

──ニューシングル「不倶戴天-フグタイテン-」の表題曲はBRAHMANらしいパンクチューンでしたが、コラボ曲「ラストダンス」はパンクとヒップホップが融合した新鮮な曲でした。どのようにして楽曲をつくりあげたのでしょう?

TOSHI-LOW(以下トシ):実は何年も前から一緒につくろうって言ってたんだよね。

ILL-BOSSTINO(以下ボス):それで、あるとき俺が一方的にリリック(歌詞)を送ったんですよ。

トシ:そうそう。だけど、どうすればボスの声をBRAHMANで受け止められるかわからなくて、どうしようもないまま月日が経ってしまって……。俺がむげに、実現する時期を延ばしてしまったが故に、ある日、ボスからメールが来て。

ボス:だから俺、何度も言ってるけど、むげにされたとか思ってないって(笑)。

トシ:ボスがあるところで書いたリリックに関して、「勘違いしないでね。これ、お前らのこと書いたわけじゃないからね」って、わざわざメールをくれたんですよ。なんだっけ?

ボス:「やらねぇなら、もう待たせんな」ってやつね(笑)。

トシ:それだ!

ボス:そんなメールを送ったら、トシロウが「俺はメラッと来た」って返してきた。

トシ:今にして思えば、時間を置いたことがよかったって思う。俺らは震災以降いろんなジャンルの人たちとセッションするようになったんですよ。いろんなものを吸収してきたおかげで、俺のなかでメキメキッてボスのリリックを受け止める曲が頭のなかにできあがった。

●原発で働く人も

──前に送ったリリックはそのまま?

ボス:いや、ほぼ原形はとどめてないですね。最初に渡したリリックは3・11の1、2年後のフィーリングだったんですけど、もう6年経ったじゃない?今でも原発や政治に対するスタンスは基本的には変わらないんだけど、「ただ反対とだけ言い続けるのってどうなんだ?」っていう気持ちが俺らの中にあった。それで何か変わったか?って。原発クソ食らえって言いながらも、片方には原発で働いている人たちがいるってことも知ってる。どこまでを「俺ら」とするのか?っていうメッセージも込めて、いま起こっていることをそのままリリックにした。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい