AERA dot.

ぐっちー「シンガポールのナイトタイムエコノミクスがすごい!」

連載「ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぐっちーAERA#ぐっちー

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中。

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中。

 経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します。

*  *  *
 シンガポールにいるので先週の種明かし。プレミアムフライデーなんてつまらんものはやめてこっちのほうがはるかにいいだろうという企画。その名もLadies night!!

 水曜日は女性客の飲み代がタダになってしまうのです。もう毎週水曜日のシンガポールの夜は大変なことになっています。クラブとかはチケット制で10杯までタダとかにしている所もありますが(10杯飲んだらどうなるんだ!?)、普通のお店は、ビール、カクテルあたりまでは無制限の所もたくさんあります。

 もちろん、ただ飲んでいるわけにもいきませんので、いろいろ頼むことになりますが、見ているとだいたい男性のグループ(4、5人)が気に入った女の子たちに食べ物を頼んであげるという感じです。また、共働きが基本の当地では奥様やガールフレンドが一番しんどい水曜日に発散して帰ってくるので、ちょうどよいとか……(笑)。


トップにもどる AERA記事一覧

   ぐっちー をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加