エリートの象徴“東大法学部”はなぜ「砂漠」なのか

東大

2017/03/22 16:00

 日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。

あわせて読みたい

  • 瀧本哲史が語る「東大法学部はルールを創る側になる人が来るところ」

    瀧本哲史が語る「東大法学部はルールを創る側になる人が来るところ」

    AERA

    3/27

    木村草太「東大法学部の2割は授業から落ちこぼれる」

    木村草太「東大法学部の2割は授業から落ちこぼれる」

    AERA

    3/22

  • 東大法学部 “日本一”割に合わない就職力で志願者数減?

    東大法学部 “日本一”割に合わない就職力で志願者数減?

    週刊朝日

    3/13

    「普通の大学」化する東大法学部

    「普通の大学」化する東大法学部

    AERA

    3/27

  • 東大文系トップ 「文I」「文II」が逆転…法学部凋落の理由

    東大文系トップ 「文I」「文II」が逆転…法学部凋落の理由

    AERA

    5/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す