トランプ政策で暮らしどうなる? デフレ脱却は遠のくこれだけの理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トランプ政策で暮らしどうなる? デフレ脱却は遠のくこれだけの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
森田悦子AERA#ドナルド・トランプ
トランプ政策の影響で、日本の物価はどうなるのか(※写真はイメージ)

トランプ政策の影響で、日本の物価はどうなるのか(※写真はイメージ)

 ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任して約1カ月。新大統領は意に沿わない企業やメディアをツイッターなどで厳しい言葉で恫喝してきた。グローバル企業は戦々恐々としている。トランプ政権で世界はどう変わるのか。AERA 2017年2月27日号では、「トランプに勝つ日本企業」を大特集している。

 日本経済への影響も大きいと見られているトランプ政策。給料、物価、住宅ローン、食品──。日常生活への影響もあるのだろうか。物価について取材した。

*  *  *
 2%の物価上昇でデフレ脱却を目指す、アベノミクスを後押しすることはあるのだろうか。

 物価動向に詳しい、みずほ証券シニアマーケットエコノミストの末廣徹氏は、トランプ大統領のエネルギー政策に注目する。

「アメリカ国内でのシェールオイル生産を後押しする政策があり、増産となれば原油価格の下落につながります。そうなれば、日本国内のエネルギー価格も安くなり、物価も下がる。アベノミクスが目指すデフレ脱却とはいかなくなるが、実質的に企業にも家計にもプラス」

 しかし、少子高齢化など構造的な問題は何も変わらない以上、世の中が大きく好転することはないと指摘する。円安に批判的な大統領の発言も、日本経済にはマイナスだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい