新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

出産と子育て

2016/10/24 16:00

 簡単な血液検査による「新型出生前診断」を受ける人が増えている。命の選別をし、障害児を排除する動きにつながらないのか、懸念も広がる。相模原事件を受け、改めてこの社会の空気を考える。

あわせて読みたい

  • 新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    AERA

    5/7

    胎児に障害があることがわかったら――あなたは

    胎児に障害があることがわかったら――あなたは"出産"と"中絶"どちらを選択しますか?

    BOOKSTAND

    12/25

  • ハードル下がった?新型出生前診断 考えるべき事は

    ハードル下がった?新型出生前診断 考えるべき事は

    AERA

    3/4

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    AERA

    12/16

  • 新型出生前診断の“パワハラ”に悩む人々

    新型出生前診断の“パワハラ”に悩む人々

    週刊朝日

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す