マンション売却時の担当者 信用できる?できない?見分け方は…

2015/12/06 07:00

 一般的にマンションの新築価格は、バブル期の1990年がピークで、デフレ終盤の2002年前後が底値だったといわれる。だが、底値でマンションを買えた運のいい人は、少数だろう。市況を変えることは無理でも、高値で売り抜けることはできないものか。その道のプロに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • コロナ不況でマンションを「1円でも高く売る」方法 業界30年のプロが伝授

    コロナ不況でマンションを「1円でも高く売る」方法 業界30年のプロが伝授

    dot.

    7/29

    マンション売却は「2カ月が勝負。内覧の雰囲気作りも重要」と専門家

    マンション売却は「2カ月が勝負。内覧の雰囲気作りも重要」と専門家

    週刊朝日

    11/18

  • 「持ち家を高く売る方法」売り急ぎは禁物、中古が動く今がチャンス

    「持ち家を高く売る方法」売り急ぎは禁物、中古が動く今がチャンス

    週刊朝日

    12/29

    「空き家手帳」で直接マッチング 空き家サイトを活用せよ

    「空き家手帳」で直接マッチング 空き家サイトを活用せよ

    週刊朝日

    12/29

  • 東京23区では「1億円」超えが平均に 新築マンション価格が“下がらない理由”を元大手分譲会社社員が明かす

    東京23区では「1億円」超えが平均に 新築マンション価格が“下がらない理由”を元大手分譲会社社員が明かす

    dot.

    2/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す