「小銃で命のやりとり」安保法制で起こりうる 凄惨な戦闘

安保法制

2015/07/21 16:00

 国会審議が進む安保法制。違憲か合憲かを論じる前に、戦場の現実を知っておくべきだ。私たちはそれでも、「国民のために行ってくれ」と言えるだろうか。一橋大学大学院社会学研究科教授で、日本近現代政治・軍事史が専門の吉田裕教授に話を聞いた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す