ふなっしーの“一梨”マーケティング なぜ人気者になれたなっしー? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ふなっしーの“一梨”マーケティング なぜ人気者になれたなっしー?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター・福光恵/編集部・柳堀栄子AERA#ゆるキャラ
「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(日本科学未来館)では、描いたふなっしーが3D画像で動く「お絵かきふなっしー」を5月10日まで展示中(撮影/慎芝賢)

「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(日本科学未来館)では、描いたふなっしーが3D画像で動く「お絵かきふなっしー」を5月10日まで展示中(撮影/慎芝賢)

「ららぽーとTOKYOBAY」のキムカツ亭で、「ふなかつプレート」が3月13日から3カ月の期間限定で発売される。コック姿で宣伝するふなっしー(撮影/編集部・柳堀栄子)

「ららぽーとTOKYOBAY」のキムカツ亭で、「ふなかつプレート」が3月13日から3カ月の期間限定で発売される。コック姿で宣伝するふなっしー(撮影/編集部・柳堀栄子)

ご当地キャラ界随一の人気者。なのに、事務所にも所属しないし、マネジャーもいない。この人気を支えるものは何なのか。本梨が語る。(ライター・福光恵/編集部・柳堀栄子)

 広告やテレビ業界では「梨の奇跡」と呼ぶ人もいる。なにって、ふなっしーの大ヒットだ。

 事務所にも所属しない、マネジャーもいない。ヘアメイクは要らないにしても、あの妙におもしろいしゃべりを考える放送作家もいない。ルームランナーの上を、運動能力の高いナゾの黄色い物体が走る自作のプロモーションビデオを世に放って3年。活動のほぼすべてをたった“一梨”(一人ではなく)でマネジメントしてきた。

 そうして今や、ご当地キャラ界を代表するトップアイドル梨に。世に出たコラボグッズは数知れず。全国で初めての常設のオフィシャルショップ「ふなっしーLAND」も、この3月に聖地・船橋(千葉)の「ららぽーとTOKYO―BAY」にオープンする。

●研究熱心さはダントツ

「十六茶」のCMにその他大勢で出演してからわずか1~2年で、富士フイルム、マイナビ賃貸などのCMで、次々と大役を務めた。今や海外にもファンの裾野を広げ、噂される“経済効果”は、2014年には「8千億円」とまで言われるほどハイパーに上昇中だ。奇跡はなぜ起こったのか。

「ご当地キャラというのは、たいていアテンドしてくれる人がいて、質問には代わりに答えてくれるもんなっしー。でも梨にはそんなアテンドはいないから、自分でしゃべるしかなかったなしな。どうせテレビに出られるのは半年くらい。いい記念と思って、何でもやったなしな。ファンをもっと笑わせたいし、子どもたちをもっと喜ばせたいなっしー。ただそれだけ。どこのイベントでも呼ばれれば手弁当で行くなっし。学祭のノリなしなー。義務感はゼロ。趣味みたいなもんなっしー。そんな捨て身の勝利かもなっしな」

 存在意義を「人を喜ばせること」だけに集約する。ふなっしーの“一梨マーケティング”の極意はそこにある。さらに人を喜ばせるためのシンクタンク機能も併せ持つ。ふなっしーは『三国志』などを中国語で読みふけるディープな読書家で、「最近おもしろかった本は、カーネギーの『人を動かす』だったなっし」と言うほど、ビジネス書にも明るい。ブレーク前からふなっしーを知る船橋のタウン誌「MyFuna」の山崎健太朗編集長もこう語る。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい