【ニッポンの課長】TOTO「トイレにある陶芸の道」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】TOTO「トイレにある陶芸の道」

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOTO「トイレにある陶芸の道」TOTO 衛陶生産本部 衛陶試作技術グループグループリーダー 向井信弘(44)撮影/写真部・外山俊樹

TOTO
「トイレにある陶芸の道」

TOTO 衛陶生産本部 衛陶試作技術グループ
グループリーダー 向井信弘(44)
撮影/写真部・外山俊樹

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回はTOTOの「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■TOTO 衛陶生産本部 衛陶試作技術グループ グループリーダー 向井信弘(44)

 身近にある便器や洗面台は、陶芸の道に通じている。これら衛生陶器は、大きな焼き物。陶石や粘土を調合した「泥漿」を「型」に流し込む。型を外して乾燥させ、釉薬を吹き付けて窯で焼き上げる。

 TOTOの衛陶試作技術グループを率いる向井信弘は、製品の形を決める「型」の製作を担当している。形がなめらかでなければ、汚れをスムーズに洗い流せない。理想の形をつくるには、職人の技がいる。

「乾燥や焼き上げで水分が抜ける。焼き上げを終えたものは、型に流し込んだ状態から13%は縮むんです」

 だから、縮み具合の予測が正確でなければ、仕上がりのなめらかさが失われるばかりか、ひびが入ることもある。

 北九州市内の工業高校を卒業し、1988年、地元のTOTOに入社した。先輩社員は気温、湿度の変化を感じながら、焼き上がりの形を「勘」で読んでいた。あれから25年。仕事の一部はデジタル化されたものの、複雑な形状の縮み具合を読むのは、いまも「暗黙知」に拠る部分が大きい。

 課員は40人いるが、型づくりに従事するのは11人。その中でも最初から最後まで任せられるのは、向井も含めて5人しかいない。ほかは「修業中の身」といったところだが、仕事に口を出すことはしない。

「失敗しないと、覚えませんから」

 その腕を見込まれ、中国の生産拠点で製造管理の責任者を務めたこともある。型づくりを熟知しているかのように見える向井だが、いまもよく考え込むことがある。たとえば最新モデルのタンクレストイレ「ネオレスト」。見た目は、床面に向かってストンと伸びていて、スマート。旧来型と比べると直線と平面が多用されている。

「実は陶器って、まっすぐや平面がもっとも難しいんです」

 カンタンに見えることが、最も奥深い。(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(ライター・岡本俊浩)

AERA 2014年6月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい