ラグビーの早明戦 ユーミンの歌で静まり返った国立競技場

2014/06/02 16:00

 5月6日、GW最終日、風が冷たく肌寒い国立競技場(東京都)で、Jリーグの浦和対甲府戦が開催された。試合終了後、この場所でのJ最終戦ということで、聖火台点灯セレモニーがあり、両チームのサポーター代表が火を灯した。その力強い火の勢いは、50年前の東京五輪と少しも変わらなかったが、器は次の五輪開催に向けて造り替えられる。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】さよなら 国立競技場

    【写真特集】さよなら 国立競技場

    1/1

    「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「五郎丸選手を早大時代から見ている」作家・下重暁子のラグビー自慢

    週刊朝日

    11/15

  • 23年ぶりの「早明決勝対決」 明大の大学選手権連覇を早大は阻めるか?

    23年ぶりの「早明決勝対決」 明大の大学選手権連覇を早大は阻めるか?

    dot.

    1/9

    「伝統の早明戦」も実力は… 大学ラグビー界が抱える課題

    「伝統の早明戦」も実力は… 大学ラグビー界が抱える課題

    dot.

    12/3

  • 今年も帝京大が盤石? 関西の雄も好調!  全国大学ラグビー選手権へ向け“勢力図”は

    今年も帝京大が盤石? 関西の雄も好調! 全国大学ラグビー選手権へ向け“勢力図”は

    dot.

    10/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す