「奇跡の酒蔵」 倒産寸前から「獺祭」を生んだ社長の信念

仕事

2014/03/28 07:00

 いま、“奇跡の酒蔵”と呼ばれる酒造会社が山口県岩国市の山間にある。若者の酒離れなどの影響で、日本酒の消費量がピーク時の3分の1ほどに激減する中、売り上げは5年連続前年比130%超を達成し、2010年の13億円から13年は39億円に急伸した。日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる旭酒造だ。奇跡の裏には、社長の桜井博志(63)の信念があった。

あわせて読みたい

  • 豪雨被害で日本酒の「獺祭」 入手困難で価格上昇も!?

    豪雨被害で日本酒の「獺祭」 入手困難で価格上昇も!?

    週刊朝日

    7/18

    3万の”獺祭”が1200円?! 島耕作ラベルで総額1億円以上を被災地支援へ

    3万の”獺祭”が1200円?! 島耕作ラベルで総額1億円以上を被災地支援へ

    dot.

    8/2

  • 大ピンチの日本酒業界が海外のブームに乗じて復権する?

    大ピンチの日本酒業界が海外のブームに乗じて復権する?

    BOOKSTAND

    7/22

    2016年の

    2016年の"世界一おいしい日本酒"が決定!

    8/26

  • 「獺祭モスバーガー」? 弘兼憲史らのコロナ禍の「新経営論」

    「獺祭モスバーガー」? 弘兼憲史らのコロナ禍の「新経営論」

    週刊朝日

    8/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す