AERA dot. 5th anniversary

細川氏&小泉氏ツーショット会見 背後の人物に永田町震撼

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#2014都知事選

「殿」と「変人」のそろい踏み。ホテルオークラ(東京都港区)の駐車場の片隅で行われた“出馬会見”には、多くのメディアが押し掛けた。細川氏の背後に見えるのが、馬渡氏(向かって左)と木内氏 (c)朝日新聞社 (撮影/長島一浩) 

「殿」と「変人」のそろい踏み。ホテルオークラ(東京都港区)の駐車場の片隅で行われた“出馬会見”には、多くのメディアが押し掛けた。細川氏の背後に見えるのが、馬渡氏(向かって左)と木内氏 (c)朝日新聞社 (撮影/長島一浩) 

 14日昼、東京都港区のホテルオークラにある日本料理店「山里」で、細川護煕元首相(76)と小泉純一郎元首相(72)が会談。その後、ツーショットで東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)への出馬会見を行った。

 当初、出馬の正式表明は、後日設定された都庁での記者会見でする予定だった細川氏だが、小泉氏が、「これだけメディアが集まっている今日がタイミングだ!」とアドバイスしたことで、会談後にホテル駐車場の片隅で行われたぶら下がり取材は、急きょ、踏み込んだ内容となった。

「今度の都知事選に立候補する決断をいたしました。ぜひ小泉さんに強力な支援をお願いしたいと申し上げ、小泉さんから『よし、自分もやるから』という話をいただいた。本当に心強く思っています」

 元首相2人が並ぶ映像は、十分すぎるインパクトだった。細川氏に呼応するように、小泉節が炸裂した。

「東京が原発なしでやっていける姿を見せれば、必ず国を変えることができる。国政にも十分、影響を与えられるだろう。細川さんが当選できるようにがんばります」

 実は、このツーショット会見で、永田町を震撼させたのはこれだけではなかった。それは、2人の後ろに写っていた人物──馬渡龍治・元衆院議員と木内孝胤・前衆院議員の存在である。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

   2014都知事選 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加