欧米メディアの視線 靖国参拝が「台無し」に?

安保法制

2014/01/18 08:12

 昨年末以来、安倍晋三首相は“躁状態”が続いているという。1月6日の年頭記者会見では、景気回復や憲法改正などへの意欲を語り、7日に都内で開かれた新年互礼会では、参加した政治家や経済人らを前に「(都知事選候補として)我こそはという人は手を挙げていただきたい」と冗談めかして呼びかける。

あわせて読みたい

  • 菅官房長官「靖国参拝は信教の自由」と見解示す

    菅官房長官「靖国参拝は信教の自由」と見解示す

    週刊朝日

    6/10

    米国の怒りも意に介さない安倍首相 亀裂狙う中国は抗日記念日制定

    米国の怒りも意に介さない安倍首相 亀裂狙う中国は抗日記念日制定

    週刊朝日

    3/6

  • 綱わたりの安倍外交 アーミテージら親日派まで靖国批判

    綱わたりの安倍外交 アーミテージら親日派まで靖国批判

    週刊朝日

    3/5

    安倍首相 中韓協調を訴えたブレーン提言を拒否

    安倍首相 中韓協調を訴えたブレーン提言を拒否

    週刊朝日

    7/9

  • 安倍帝国vs.宗教 創価学会票が離反

    安倍帝国vs.宗教 創価学会票が離反

    週刊朝日

    4/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す