なくならない在日米兵の犯罪 「旅の恥はかき捨て」感覚?

沖縄問題

2012/11/21 07:00

 強姦や強盗など、在日米兵による犯罪が深刻な問題となっている。犯罪のたび非難を浴びるのは必至なのに、夜間外出禁止令が出ているときにまで真夜中の犯行に及ぶ米兵たち。そして、まるでそれを予測しているかのように、素早く火消しに動く在日米軍。約3万7千人もいる彼らの全体像を理解することはむろん不可能だが、接触可能な米兵たちを通して、在日米軍と呼ばれる人たちの行動や思考の一端を知ることはできないか。そんな思いで、米軍基地が集中し、米軍関係者の犯罪が圧倒的に多い沖縄に向かった。

あわせて読みたい

  • 繰り返される米兵の犯罪に暗躍する日本人示談屋

    繰り返される米兵の犯罪に暗躍する日本人示談屋

    AERA

    11/19

    政府がちゃんとしていたら彼女は死んでいなかった

    政府がちゃんとしていたら彼女は死んでいなかった

    AERA

    6/30

  • 「大学がタダと言われ…」低所得者層を狙う「米軍リクルート活動」

    「大学がタダと言われ…」低所得者層を狙う「米軍リクルート活動」

    AERA

    9/9

    芥川賞作家・目取真俊「沖縄は全米軍基地撤去を目指せ」

    芥川賞作家・目取真俊「沖縄は全米軍基地撤去を目指せ」

    週刊朝日

    5/25

  • 米海兵隊が内部資料に書いた「沖縄にいる理由」

    米海兵隊が内部資料に書いた「沖縄にいる理由」

    AERA

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す