7月号
書評家 大森望 Ohmori Nozomi
フォーサイスばりの謀略サスペンス

2015/07/17 12:00

 現代日本を舞台にリアルで派手な謀略サスペンスを書くのはむずかしい。ふつうに書けば、荒唐無稽なB級アクションになるか、ものすごく地味になるか、二つに一つ。曽根圭介の書き下ろし長編『工作名 カサンドラ』は、この困難な課題に正面から挑み、フレデリック・フォーサイスばりの技巧で鮮やかにクリアする。

あわせて読みたい

  • 7月号コラムニスト 香山二三郎 Kayama Fumiroネゴシエイターは老いても裏切らない

    7月号コラムニスト 香山二三郎 Kayama Fumiroネゴシエイターは老いても裏切らない

    8/1

    情報隠蔽国家

    情報隠蔽国家

    週刊朝日

    4/11

  • 宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年

    宿命 警察庁長官狙撃事件 捜査第一課元刑事の23年

    週刊朝日

    5/30

    サブカルチャーと自衛隊、冷戦期も蜜月も

    サブカルチャーと自衛隊、冷戦期も蜜月も

    AERA

    12/8

  • テロの文学史 三島由紀夫にはじまる

    テロの文学史 三島由紀夫にはじまる

    週刊朝日

    5/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す