『美味しんぼ』の鼻血描写は本当に真実を描いているのか?

原発

2014/05/09 19:52

 事の発端は、小学館の週刊少年マンガ誌「ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号に掲載された同作品内で、福島第一原子力発電所を訪れた主人公の新聞記者・山岡士郎らが取材後に"原因不明"の鼻血を流す描写があったこと。さらに、同作中には福島第一原発のある双葉町の前町長・井戸川克隆さんが「鼻血はよくあること」との発言もあり、これも騒動を大きくさせているようです。

あわせて読みたい

  • 「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?

    「美味しんぼ」鼻血描写 現地では「出ても言い出せない雰囲気」?

    週刊朝日

    5/14

    美味しんぼ鼻血描写は

    美味しんぼ鼻血描写は"福島の真実編"ではなく"福島の差別編"

    BOOKSTAND

    5/12

  • 美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    美味しんぼ「鼻血問題」に答える

    週刊朝日

    4/9

    『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」

    『美味しんぼ』原作者 「日本は原発事故を忘れている」

    週刊朝日

    2/25

  • 忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    忘れられた福島・双葉町 中間貯蔵施設ルポ

    週刊朝日

    5/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す