「モチのロン」「冗談はよしこさん」... 消えた昭和の"絶滅種"

2013/08/24 10:30

 ドードー、サーベルタイガー、ニホンオオカミ、メガロドン...。これらの動物に共通するのは、既に絶滅してしまい、もう見ることのできないという点です。そんな「絶滅種」は動物だけでなく、私たちの生活や言葉、遊びのなかにもあります。

あわせて読みたい

  • 検索ヒット数が高かった「平成新語流行語」ランキング! 「倍返し」「壁ドン」「じぇじぇじぇ」は?

    検索ヒット数が高かった「平成新語流行語」ランキング! 「倍返し」「壁ドン」「じぇじぇじぇ」は?

    3/20

    異端系食堂!絶滅危惧食!? 安くて美味くて地元民に愛され続ける「絶メシ」って?

    異端系食堂!絶滅危惧食!? 安くて美味くて地元民に愛され続ける「絶メシ」って?

    BOOKSTAND

    8/14

  • 日本の動物の「絶滅」や「侵略」の今

    日本の動物の「絶滅」や「侵略」の今

    11/19

    「あまちゃん」の経済効果は「冬ソナ」並み?

    「あまちゃん」の経済効果は「冬ソナ」並み?

    週刊朝日

    9/27

  • 恐竜やマンモスが闊歩する日はやってくるのか...

    恐竜やマンモスが闊歩する日はやってくるのか... "絶滅動物の復活"がもたらすメリットとリスク

    BOOKSTAND

    7/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す