戦後を彩る踊り子「一条さゆり」の一代記 何度逮捕されても「特出し」やめず

読書

2022/11/18 17:00

 文芸評論家・清水良典さんが評する『今週の一冊』。今回は『踊る菩薩 ストリッパー・一条さゆりとその時代』(小倉孝保、講談社 2200円・税込み)です。

あわせて読みたい

  • 「反権力の象徴」だった? ストリップの女王「一条さゆり」の生き様

    「反権力の象徴」だった? ストリップの女王「一条さゆり」の生き様

    週刊朝日

    8/26

    「俺の舞台は俺が組む」役者も裏方も鳶(とび)の「水族館劇場」が花園神社で魅せた

    「俺の舞台は俺が組む」役者も裏方も鳶(とび)の「水族館劇場」が花園神社で魅せた

    AERA

    5/25

  • 「下品には描かない」ピンク看板絵師が貫く“エロス”の神髄

    「下品には描かない」ピンク看板絵師が貫く“エロス”の神髄

    週刊朝日

    5/30

    フランス座「ヌードさん」の悩みは切れ痔!? ストリップ誕生70年

    フランス座「ヌードさん」の悩みは切れ痔!? ストリップ誕生70年

    週刊朝日

    5/19

  • 日雇い労働者と子どもが…写真家・庄司丈太郎が見た昭和の釜ケ崎

    日雇い労働者と子どもが…写真家・庄司丈太郎が見た昭和の釜ケ崎

    週刊朝日

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す