「V6があったからトニセンが存在する」新たな門出に20th Centuryが語る

2022/05/25 19:00

 1995年の結成から昨年11月の解散まで、V6として26年間を駆け抜けた坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の3人が、「20th Century(トニセン)」としての活動を本格的に再スタートさせた。5月23日に配信がスタートした新曲「夢の島セレナーデ」は、井ノ原主演のドラマ「特捜9 season5」の主題歌としても話題を呼んでいる。新たな門出を迎えた3人が、“6人の変わらぬ絆”と“3人で目指すもの”を語った。

あわせて読みたい

  • 井ノ原快彦、主演ドラマ「特捜9」の「最終回はキャストと脚本家とみんなで考えて」…?

    井ノ原快彦、主演ドラマ「特捜9」の「最終回はキャストと脚本家とみんなで考えて」…?

    週刊朝日

    5/25

    トニセン坂本昌行・長野博・井ノ原快彦が「先輩から学んだこと」

    トニセン坂本昌行・長野博・井ノ原快彦が「先輩から学んだこと」

    週刊朝日

    5/25

  • V6「『まだやってるんだ』と言われるくらい、ずっと続けたい」

    V6「『まだやってるんだ』と言われるくらい、ずっと続けたい」

    週刊朝日

    3/15

    20th Centuryが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「V6があって今のトニセンが存在する」

    20th Centuryが「週刊朝日」の表紙&カラーグラビアに登場!「V6があって今のトニセンが存在する」

    5/17

  • V6が『anan』表紙&グラビアに登場、円熟した魅力を存分に発揮

    V6が『anan』表紙&グラビアに登場、円熟した魅力を存分に発揮

    Billboard JAPAN

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す