コロナ禍で不倫が増加!? 嘘の出社日、別室借り…“密”会体験談

不倫

2021/08/09 16:00

※写真はイメージです (GettyImages)
※写真はイメージです (GettyImages)

 オリンピック開幕中に新規感染者数が最多を更新するなど、新型コロナウイルスの拡大は1年半たっても止まらない。“密”を避け、ステイホームが叫ばれるなか、意外なことに不倫カップルも急増しているという。その理由は「コロナ禍のほうが密会しやすいから」というから驚きだ!

*  *  *
「リモート勤務が始まったばかりのころは、もうこういう関係も終わりだなと思っていました」

 埼玉県在住の男性(40)はこう打ち明ける。在宅勤務で一日中、妻子と一緒の生活となった当初は、不倫相手の30代女性に電話さえできない日々が続いた。昨年の最初の緊急事態宣言下では東京の街はガラガラ。“自粛警察”も現れ、自分が外出するなんて想像もしなかったが、すぐに転機が訪れた。週に1度の出社日、我慢できずに不倫相手に電話をかけてしまったのだ。

「彼女が言うんです。『リモートでの仕事なんて私の家からだってできるじゃない』って。なるほどと思いました」。まもなく、密会はエスカレートしていった。

「妻には出社日だと偽って彼女の家に行き、仕事はリモートでやりながら、水入らずの時間を過ごしました。初めて彼女の部屋に入るドキドキも手伝って、盛り上がりました。少しずつ妻に伝える出社日も増えましたが、全然疑わない。結果的に、新型コロナ前より密会する時間も長くなりました」

 たまには外に出たいという彼女のリクエストに応えて、昼休みの時間にふたりでランチに出かけたり、閑古鳥のラブホテルのフリータイムをエンジョイしたりもした。

「慣れてくると、リモートで業務中の彼女の下半身を裸にして遊んだり、その仕返しをされたり、大胆なことも平気に(笑)。宣言が明けてもリモート勤務は続いていましたが、『通常勤務に戻った』と妻には伝え“偽出社”して彼女の家に入り浸りでしたね」

 4度目の緊急事態宣言下の東京五輪期間中も、オリンピックならぬ「不倫ピック」で、リモート勤務となった彼女の家で過ごしている。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「会社に行ってくる」とホテルへ、子連れで偽装工作も……コロナ禍でもなぜ不倫をやめられないのか

    「会社に行ってくる」とホテルへ、子連れで偽装工作も……コロナ禍でもなぜ不倫をやめられないのか

    dot.

    6/10

    社員は在宅勤務なのに派遣は出社「消毒液あまり使うな」の指示 コロナ禍の職場「分断」

    社員は在宅勤務なのに派遣は出社「消毒液あまり使うな」の指示 コロナ禍の職場「分断」

    AERA

    4/27

  • 「独身男性は相手にしない」 あえて妻帯者と付き合う独身女性の「シェア的」恋愛論

    「独身男性は相手にしない」 あえて妻帯者と付き合う独身女性の「シェア的」恋愛論

    dot.

    1/23

    飲み会、義実家への帰省…ワクチン接種で「断る理由がなくなる」 コロナの“免罪符”なき生活に不安の声

    飲み会、義実家への帰省…ワクチン接種で「断る理由がなくなる」 コロナの“免罪符”なき生活に不安の声

    AERA

    8/17

  • “不倫ピック”絶賛開幕中!? 連日の「熱戦」を「週刊朝日」がリポート/「ドアノブで腕をひっかく」西野七瀬が表紙&グラビアに5年ぶり登場!

    “不倫ピック”絶賛開幕中!? 連日の「熱戦」を「週刊朝日」がリポート/「ドアノブで腕をひっかく」西野七瀬が表紙&グラビアに5年ぶり登場!

    8/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す