ワクチンパスポートの意義と三つの課題 すでに活用の自治体も

新型コロナウイルス

2021/08/06 09:00

 今年2月に医療関係者から始まった新型コロナウイルスのワクチン接種。現在、国民全体の約4分の1、65歳以上の約7割が2回目の接種を終えている。そんな状況下で始まったのが「新型コロナワクチン接種証明書(以下、ワクチンパスポート)」だ。どのような効果と課題があるのか。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す