「鬼滅」善逸役に恐怖? 植田圭輔「生身の人間がやるとすぐ疲れる」

2021/07/27 11:30

 大ヒット漫画「鬼滅の刃」は昨年舞台化され、今夏、新作が上演される。臆病ですぐに泣き叫ぶ人気キャラ「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」を演じるのは、漫画やアニメが原作のいわゆる「2.5次元」の舞台で活躍してきた植田圭輔だ。役者として人々の注目を一身に浴びる植田は、善逸が抱える恐怖を「手に取るようにわかる」と話す──。

あわせて読みたい

  • “2.5次元の星” 植田圭輔が「週刊朝日」で総合週刊誌初の表紙&グラビアに登場!

    “2.5次元の星” 植田圭輔が「週刊朝日」で総合週刊誌初の表紙&グラビアに登場!

    7/19

    意外? 2.5次元の鈴木拡樹「不器用でテンパりグセがある」と自己分析

    意外? 2.5次元の鈴木拡樹「不器用でテンパりグセがある」と自己分析

    週刊朝日

    3/5

  • 佐藤流司が語る2.5次元の醍醐味「がんじがらめだから、おもしろい」

    佐藤流司が語る2.5次元の醍醐味「がんじがらめだから、おもしろい」

    AERA

    3/24

    『鬼滅の刃』で最もおしゃべりな男・我妻善逸のセリフに潜む知られざる「本心」――善逸が“信じようとした”もの

    『鬼滅の刃』で最もおしゃべりな男・我妻善逸のセリフに潜む知られざる「本心」――善逸が“信じようとした”もの

    dot.

    3/27

  • 『鬼滅の刃』我妻善逸の“兄貴分”だった鬼「獪岳」 鬼になりきれなかった少年の「悲しき自我」

    『鬼滅の刃』我妻善逸の“兄貴分”だった鬼「獪岳」 鬼になりきれなかった少年の「悲しき自我」

    dot.

    1/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す