「老人性うつ」克服の森村誠一 一番つらかったのは「言葉を忘れること」

ヘルス

2021/06/21 11:30

『人間の証明』『悪魔の飽食』など数々のベストセラーを生み出した作家・森村誠一さん(88)が、自らの「老人性うつ」体験を克明に描いた新書『老いる意味』を上梓した。苦難を乗り越えて気がついた新しい「老い方」とは。書面でインタビューに答えてもらった。

あわせて読みたい

  • 沢木耕太郎『春に散る』年配女性に異例の反響となった理由

    沢木耕太郎『春に散る』年配女性に異例の反響となった理由

    週刊朝日

    1/29

    安藤和津 “介護後うつ”で実感した心のケアの大切さ

    安藤和津 “介護後うつ”で実感した心のケアの大切さ

    AERA

    11/7

  • 認知症と老年期うつの見分け方 一つは「症状が表れるスピード」

    認知症と老年期うつの見分け方 一つは「症状が表れるスピード」

    週刊朝日

    6/18

    62歳BTSファン女性が週刊朝日に告白!「私はこうして沼に落ちた…」60代からの“推し活”で人生が輝く!

    62歳BTSファン女性が週刊朝日に告白!「私はこうして沼に落ちた…」60代からの“推し活”で人生が輝く!

    6/14

  • 年寄りが嫌い…自分の冷酷さにゾッとするという52歳女性に、鴻上尚史が「それは逆では?」と思ったこととは
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    年寄りが嫌い…自分の冷酷さにゾッとするという52歳女性に、鴻上尚史が「それは逆では?」と思ったこととは

    dot.

    7/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す