東京五輪の表彰式衣装は「居酒屋のユニホーム」? ドン小西が苦言 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪の表彰式衣装は「居酒屋のユニホーム」? ドン小西が苦言

ドン小西

ドン小西

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が6月3日、表彰式のアイテムを発表した。五輪、パラリンピック合わせて800回以上ある表彰式で、ボランティアが着用してメダルを運ぶなどする衣装のデザイナーは公募で決定。ワンピースとパンツスタイルの2パターンがある (c)朝日新聞社

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が6月3日、表彰式のアイテムを発表した。五輪、パラリンピック合わせて800回以上ある表彰式で、ボランティアが着用してメダルを運ぶなどする衣装のデザイナーは公募で決定。ワンピースとパンツスタイルの2パターンがある (c)朝日新聞社

 6月3日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が発表した表彰式衣装。ファッションデザイナーのドン小西さんがファッションチェックした。

【写真】居酒屋のユニホーム?東京五輪表彰式衣装はこちら

*  *  *
 スタジアムからエンブレムまで、東京五輪絡みのデザインのゴタゴタが始まってもう6年。本番目前で、いよいよすごいやつが出てきちゃったよね。表彰式の衣装といえば、メダルを渡すたびに世界中に映像が送られる、注目度の高い衣装。なのにこれでいいのかね。だってこれってもろ、居酒屋のユニホームじゃないの。この服でトレーに載せて運ぶのは、メダルじゃなくて焼き鳥と徳利だっつうの。

 調べてみてわかったよ。この若いデザイナーは和の味付けが得意。で陣羽織っぽくなったんだろうが、例えば20年後にこの服を見て、2021年を思い出したり……しないよな? 陣羽織に時代の必然性はゼロだもの。

 しかし、なんでこれを選んだんだろうね。実を言うとあたしも、友だちの友だちのコネで、大きな仕事が転がりこんできたことがあるけどさ。これもまさかそんな調子で……と疑いたくなるような意味不明さ。ま、6年のゴタゴタのシメには、ふさわしいようで。

■評価は……?
2DON! 「分量感なんかは今ふうだけどね」

(構成/福光恵)

週刊朝日  2021年6月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい