乃木坂46・山崎怜奈が「選抜ゼロ」でも、クイズ番組と書籍で大人気の理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

乃木坂46・山崎怜奈が「選抜ゼロ」でも、クイズ番組と書籍で大人気の理由

牧忠則週刊朝日
乃木坂46の山崎怜奈さん(C)朝日新聞社

乃木坂46の山崎怜奈さん(C)朝日新聞社

 テレビのクイズ番組の常連でラジオの帯番組も好評な乃木坂46・山崎怜奈。外仕事の「看板メンバー」だが、実は乃木坂のシングル曲の選抜メンバーに入ったことが一度もない。

【写真】現在は女優として大活躍する元乃木坂46のメンバーといえばこの人!

「山崎は乃木坂2期生です。スターぞろいの1期と3期に挟まれた『不遇の2期』とも呼ばれ、選抜入りできないままグループを離れたメンバーたちもいます。ただ、山崎は努力型で大器晩成。歌唱力、ダンスに秀でたわけではなく、強烈なキャラクターでもないけど、自分の好きなことを仕事で実現させて新たなアイドル像を確立している。彼女の存在は他のメンバーにも良い刺激になっていると思います」(テレビ関係者)

 山崎は2015年2月に乃木坂の正規メンバーに昇格したが、6月に学業に専念するために活動を一時休止。難関の慶應義塾大学に合格した。活動再開後は「歴史好きアイドル」として、テレビ朝日系の「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」などクイズ番組に出演するようになり、注目度が上がった。

「頭のいいアイドルは山崎だけでなく、他にもたくさんいる。彼女がすごいのは出演を重ねる度に難問に答えられるようになり、存在感が増していること。クイズに外れると本気で悔しがる。普段は物静かな雰囲気なのに、大好きな歴史の話になると冗舌になる。そういう姿に視聴者は引かれるのでしょう。今やクイズ番組に欠かせない存在です」(前出のテレビ関係者)

 歴史番組にも出演する機会が増えたのに加え、以前からヘビーリスナーで日本各地の放送を聞いていたラジオでも活躍のフィールドを広げている。昨年10月から始まったTOKYO FMラジオ「山崎怜奈の誰かに話したかったこと」では自身初のパーソナリティーに。帯番組のレギュラー就任は、乃木坂46のメンバーで史上初だ。快進撃は今年になっても続く。2月に自身初の書籍として歴史本「歴史のじかん」(幻冬舎)を発売。重版が発売前に決まり、山崎は自身のブログで、

「とても驚きました。自分の本が出版されること自体がすでに奇跡のような出来事で、人生でこのような経験をさせて頂けると思ってもみませんでした。発売前にしてこんなにも多くの方が手に取ってくださるなんて。何が起きているのか、自分でもうまく捉えきれませんが、喜びをかみしめています。気が早いでしょうか。すでに予約してくださった皆さん、今回の朗報は皆様のおかげです」

 と感謝の思いをつづった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい