東海林さだお、連載記録「コボちゃん」に抜かれムカついた? 一之輔が直撃 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海林さだお、連載記録「コボちゃん」に抜かれムカついた? 一之輔が直撃

春風亭一之輔さん(左)と東海林さだおさん (撮影/写真部・掛祥葉子)

春風亭一之輔さん(左)と東海林さだおさん (撮影/写真部・掛祥葉子)

東海林さだおさん(左)と春風亭一之輔さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

東海林さだおさん(左)と春風亭一之輔さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

 漫画家、エッセイストの東海林さだおさんと落語家の春風亭一之輔さん。かねてからお互いの連載のファンであったため、直接聞いてみたいことも多々あったようで……。

>>【前編/落語家は「すすり芸」だけを見せるのは嫌? 春風亭一之輔が明かす】より続く

【東海林さだおさんと春風亭一之輔さんの写真をもっと見る】

*  *  *
春風亭一之輔(以下、一):今日これだけは聞こうと思っていたんですけど、このあいだ、「コボちゃん」(読売新聞朝刊連載の4コマ漫画)が東海林さんの「アサッテ君」(1974~2014年、毎日新聞の朝刊に連載された4コマ漫画)の連載回数記録を抜いたじゃないですか。ああいうのムカつきます?(笑)

東海林さだお(以下、東):まったく(ムカつかない)。僕ね、過去のことはほんとどうでもいい、という生き方。性質というか。過去のことにかまっていられない。どんどん忘れるし。

一:忘れるんですか(笑)。でも「コボちゃん、おめでとう」みたいな絵を描いていらっしゃいましたね。

東:あれもね、読売から「コボちゃんにひと言」って依頼がきたんで。断ったら、おかしいでしょ。

一 :ちっちゃい男みたいな(笑)。

東:そう。最初は迷ったけど。

一:悔しいと思ってんな、と思われちゃうような。

東:思ってないから余計しゃくなんですよ(笑)。

一:(コボちゃんへのメッセージを)文じゃなくて絵で表現されていたんで、面白いなって。

東:あれ、いいでしょ(笑)。でもほんと、過去のことはどんどん忘れていく。

一:忘れるといえば、こんなに長く連載されていると自分で書いた内容、忘れちゃいませんか。

東:忘れます、ほとんど忘れます。特に新聞をやっているときは、何万回になると覚えてないですよね。一回ね、小学校4年生の女の子から投書が来ましてね。「私は必ずスクラップ取ってます」って。まったく同じものが2枚、送られてきて。

一:同じことを描いた証拠を突きつけられた(笑)。

東:すみませんって、手紙を書きましたよ。でも漫画家はみんなこういうこと、あるらしいですよ。

一:僕なんてまだ300回程度なのに、「あれ、同じこと書いているな」ってあります。

東:特に年をとってくるとあるらしい。小説家でもあるそうですよ。随筆頼むと前と同じの書いてるって。

一:でもどうせ読んだ客(読者)は、覚えてないだろうって。

東:いや、これがね、覚えている。

一:子どもは覚えているかもしれないけど(笑)。僕らは古典落語で、同じ話を何度もしているんで。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい