東尾修「ウィズコロナ時代の模範となれ」プロ野球界に呼びかけ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修「ウィズコロナ時代の模範となれ」プロ野球界に呼びかけ

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
東尾修

東尾修

コロナ禍の影響で、無観客で行われた昨年のオープン戦=2020年2月、ナゴヤドーム (c)朝日新聞社

コロナ禍の影響で、無観客で行われた昨年のオープン戦=2020年2月、ナゴヤドーム (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、緊急事態宣言が発令される前に、コロナ禍でのプロ野球のあり方について言及した。

【写真】コロナ禍の影響で、無観客で行われた昨年のオープン戦

*  *  *
 首都圏の1都3県への「緊急事態宣言」発令の論議が新年早々、我々にのしかかった。連日のように過去最多が更新される新型コロナウイルスの感染者数、さらに重症患者さんの増加と心痛める話題ばかりである。

 前回の緊急事態宣言時にも、自分がかからない努力をどれだけできるかという点で国民の方々からいろいろな意見が出た。私自身もしっかりと受け止めないといけない。古い人間は、どうしてもメールやLINEの文字のやりとりだけでなく、対面で話をしたいと思うことはあるが、そこは我慢すべき時だと思う。

 野球界もしっかりとした対応を求められる。果たして緊急事態宣言が出た地域の住民が、キャンプ地の沖縄、宮崎へと行くことは可能なのか。行く場合でも、検査を含めた万全な状態を期して出発しなければならない。我々野球界OBもキャンプ視察は行ってはいけない状況かもしれない。自治体、保健所との密接な連携が必要になる。

 すでに1月に入って、PCR検査で陽性となった選手が発表されている。新人選手のコロナ感染の例も発表された。各球団とも今月10日前後から新人合同自主トレとなるが、コロナ対策をいま一度確認し、スタートを切っているはずだ。そこで問題が生じれば、キャンプの構想も崩れてしまう。

 2月にキャンプという形をとれたとして、どういった練習方法で行うか。これは首脳陣の頭を悩ませる。1カ所に全員がそろってランニング……などといった形はなかなかとれないであろう。本来ならば、1年間戦うための野球の技術、体力、チームプレーを磨く場であるが、コロナ感染となれば、すべてが停滞してしまう。宿舎での感染防止策を含めて、神経もすり減らすことになる。

 大規模イベントが開幕設定されている3月下旬の時点で開催できるかは不透明である。そんな中でトレーニングを積む必要がある選手は、酷な状況だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい