日本の死生観に魅せられた米国人教授が危惧する“葬式不要論”

2020/12/18 08:02

 心の支えだった親が亡くなると、多くの人はこう思うだろう。「実家に頻繁に帰ればよかった」「もっと優しい言葉をかけておけばよかった」。たとえどんなに看病や介護をしても、悔いが残るのが親との別れだ。後悔や悲しみに苦しみ、押し潰されぬよう心得ておくべきことは――。

あわせて読みたい

  • 葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    週刊朝日

    2/11

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    火葬場で読経のパターンも 今どきの“自分流”葬儀とは?

    週刊朝日

    2/11

  • 俳優も「死ぬまで現役」ではない 簡素化する有名人の葬儀 裏に遺族の思い、相続問題も

    俳優も「死ぬまで現役」ではない 簡素化する有名人の葬儀 裏に遺族の思い、相続問題も

    AERA

    8/18

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    火葬後、遺骨を引き取らない「0葬」のススメ

    AERA

    1/30

  • 「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    「大往生」でも悲しみは深い 親の死で直面する「悲嘆のプロセス」とは?

    AERA

    3/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す