“美容男子”井戸田潤「美容は筋トレと同じで裏切らない」 おすすめ家電は? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“美容男子”井戸田潤「美容は筋トレと同じで裏切らない」 おすすめ家電は?

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子・放送作家、コラムニスト

山田美保子・放送作家、コラムニスト

ホームエステブランド「ミーゼ」の『クレンズリフト』は、洗顔しながらEMSで表情筋をケアする美顔器。音波振動で毛穴の汚れを落としつつ、リフトケアしてくれる。充電タイプのコードレスで防水だからお風呂でも使用できる。税抜き1万5千円。全国の家電量販店、ヤーマン公式通販サイト「ヤーマンオンラインストア」で購入可能。

ホームエステブランド「ミーゼ」の『クレンズリフト』は、洗顔しながらEMSで表情筋をケアする美顔器。音波振動で毛穴の汚れを落としつつ、リフトケアしてくれる。充電タイプのコードレスで防水だからお風呂でも使用できる。税抜き1万5千円。全国の家電量販店、ヤーマン公式通販サイト「ヤーマンオンラインストア」で購入可能。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、ヤーマンの「ミーゼ クレンズリフト」を取り上げる。

【美肌の井戸田潤さんオススメ美容家電はこちら】

*  *  *
「美容男子」と呼ばれる人たちが芸能界にはいる。読者の皆さんが真っ先に思い浮かべるのは桑田真澄さん二世のMattさんではないか。ブライダルショーのモデルでもある彼が美容に目覚めたのは、中学のころ、父上が出演するので付いて行った『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「ビストロSMAP」がきっかけだったと聞く。

 曰く「お人形さんが居る」と美しすぎるSMAPメンバーに魅せられたのだとか。そんな彼が大人になって、日々のケアや、休日には複数の美容サロンをハシゴする様子は、多くの番組で取り上げられている。

 そこまでは真似できないが、美容に興味をもっている男性タレントがいる。私が知る限り、その多くは、お笑い芸人。名付けて「美容家電芸人」たちである。

 この10月から『ドデスカ!』(メ~テレ)で再共演させていただいているスピードワゴンの井戸田潤さんもその一人。「井戸田さんは、色んな美容家電を使っていらっしゃるからか、アラフィフなのに、本当にお肌がキレイ」と教えてくれたのは、局メイクさんたちだ。

 来月で48歳! 最新の、しかも、かなり高額な美容家電を使いこなしていることで男性誌に特集されたこともあるそうだ。「肌をきれいにすると自分に自信がもてる」と言う井戸田さんにとって、美肌こそ「人間関係の潤滑油」というワケだ。

 ズバリ、井戸田さんにオススメを聞いてみた。フェイスラインのリフトアップにも重きを置いていて、毎朝使っているのは「ミーゼ クレンズリフト」。洗顔しながらEMS(電気刺激を与えることで筋肉を動かす機械)で表情筋をケアする「美顔器」。毛穴ケアとリフトケアが同時にかなう一品としても大人気なのだ。

 手のひらサイズとコンパクトで軽くて、ブラシの硬さや長さが絶妙だ。

 リラックス効果を重視する傾向がある女性芸能人とは異なり、「美容家電芸人」は、時短とスペックと費用対効果を追求しているように思う。

 井戸田さんも「洗顔タイムがエステタイムになるのはありがたいし、お肌ツルツルで顔も引き締まって最高ですよ」と言う。さらに、「美容は筋トレと同じで裏切らない」とも。

 どうも、マスクはまだまだ着用し続けなければならない様子。衰えた表情筋をこの美顔器で鍛えましょう!

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

週刊朝日  2020年11月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい