樹木希林が河瀬直美監督へ言った「そのまま奈良にいたほうがいい」の真意とは?

2020/10/27 11:30

 23日から全国公開される映画「朝が来る」。原作は直木賞作家・辻村深月の同名小説で、2人の女性と1人の子供が、特別養子縁組という制度を通して人生を交える様を描いた。監督を務めた河瀬直美さんが映画を撮る理由とは。

あわせて読みたい

  • 映画『朝が来る』の河瀬監督が伝えたい“家族の形”と“未来の扉”

    映画『朝が来る』の河瀬監督が伝えたい“家族の形”と“未来の扉”

    週刊朝日

    10/27

    是枝裕和監督が海外映画祭をねらう理由とヒットの裏側

    是枝裕和監督が海外映画祭をねらう理由とヒットの裏側

    AERA

    5/30

  • 河瀬直美が新作映画で描く家族のかたち 血のつながりより一緒に暮らすことで「家族になる」

    河瀬直美が新作映画で描く家族のかたち 血のつながりより一緒に暮らすことで「家族になる」

    AERA

    10/19

    「これにて、おいとまいたします」樹木希林が死を前に記者に語った言葉

    「これにて、おいとまいたします」樹木希林が死を前に記者に語った言葉

    AERA

    8/13

  • 古都・奈良から世界に羽ばたく映画人を発掘!「なら国際映画祭2016」

    古都・奈良から世界に羽ばたく映画人を発掘!「なら国際映画祭2016」

    tenki.jp

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す