ミッツ・マングローブ「派閥なしでは生きられない日本人」

アイドルを性せ!

2020/09/15 07:00

 こういった派閥意識は、世間の「対立構図を好む傾向」と共に、「二兎追う者は一兎も得ず」「贅沢を言うとバチが当たる」的な日本特有の躾や美徳の影響も多分にあるのではないでしょうか。多くの人たちが、事ある毎に「どっちかひとつだけよ!」と親に言われて育ってきたはずです。「おにぎりかサンドイッチか」「そばかうどんか」「タレか塩か」「和式か洋式か」といったように、私たちは常日頃から二択を迫られて暮らしています。それが癖づいてしまっているのかもしれません。

 たまにエゴサをしていると、「マツコよりミッツ派!」と呟いている人に出くわします。敢えてマイナーな方を支持するのもまた、昔からよくある個性の主張方法です。「ミッツ派」であることが、その人にとっての「譲れないアイデンティティ」なのは嬉しいですが、やはりちょっと複雑です。

週刊朝日  2020年9月25日号

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

熱視線

ミッツ・マングローブ

amazon
熱視線
ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 「権力闘争」から「忖度合戦」へ…派閥がなくなって、自民党から失われたものとは?

    「権力闘争」から「忖度合戦」へ…派閥がなくなって、自民党から失われたものとは?

    AERA

    6/22

    ミッツ・マングローブ「ファンは自由で民主的な大衆性を!」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「ファンは自由で民主的な大衆性を!」

    週刊朝日

    10/3

  • 永遠に色褪せない「中森明菜」 デビュー40周年でミッツ、中森明夫が語る

    永遠に色褪せない「中森明菜」 デビュー40周年でミッツ、中森明夫が語る

    週刊朝日

    6/28

    裏派閥「安倍派」誕生? 脱派閥の陰で最大勢力結成か

    裏派閥「安倍派」誕生? 脱派閥の陰で最大勢力結成か

    週刊朝日

    2/25

  • 最後は派閥の力学が次の総理を決める? 復活する「派閥政治」の今

    最後は派閥の力学が次の総理を決める? 復活する「派閥政治」の今

    週刊朝日

    9/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す