戦わぬまま餓死・病死5千人…見放されたメレヨン島、何が生死を分けた?

2020/08/15 08:00

 戦死者約300万人の太平洋戦争末期、一度も本格的な戦闘をしないまま、兵士の7割以上、約5千人が命を落とした島がある。ほとんどが餓死か病死だったという。何が生と死を分けたのか? ノンフィクションライター・友松裕喜氏が真相を追った。

あわせて読みたい

  • 71日間の砂漠生活、食糧は生のヒルとバッタ!? 生還者たちの生死を分けた判断、状況とは一体...

    71日間の砂漠生活、食糧は生のヒルとバッタ!? 生還者たちの生死を分けた判断、状況とは一体...

    BOOKSTAND

    6/11

    戦没者遺骨収集 DNA鑑定を不可能にする「焼骨」続けるありえない理由

    戦没者遺骨収集 DNA鑑定を不可能にする「焼骨」続けるありえない理由

    AERA

    12/10

  • フィリピン戦没者遺骨収集“日本人ゼロ”疑惑…厚労省が隠蔽した真実

    フィリピン戦没者遺骨収集“日本人ゼロ”疑惑…厚労省が隠蔽した真実

    AERA

    5/20

    「すべて日本人ではない」の衝撃 厚労省の遺骨収集事業、体制自体に問題あり

    「すべて日本人ではない」の衝撃 厚労省の遺骨収集事業、体制自体に問題あり

    AERA

    12/8

  • “うみカメラマン”が撮り続けた「奇跡の島」。むらいさち写真展「きせきのしま」

    “うみカメラマン”が撮り続けた「奇跡の島」。むらいさち写真展「きせきのしま」

    アサヒカメラ

    9/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す