性的虐待という教会の大スキャンダル、告発の行方は? ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作

2020/07/27 16:00

 ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」。新作を発表するたびに、世界中の映画ファンを、まったく違う世界へいざなうフランソワ・オゾン監督(「8人の女たち」「スイミング・プール」など)が、フランスで現在も裁判闘争中の“プレナ神父事件”を描く意欲作だ。

あわせて読みたい

  • 警官殺しの逃走犯と謎の女の終着点は?革新的サスペンス

    警官殺しの逃走犯と謎の女の終着点は?革新的サスペンス

    週刊朝日

    5/28

    映画評論家の意見が真っ二つに割れた! 伝説の映像作家が描く戦争実話

    映画評論家の意見が真っ二つに割れた! 伝説の映像作家が描く戦争実話

    週刊朝日

    3/2

  • 「好きとしか言えないね」とLiLiCo 映画評論家全員が満点のヒューマンドラマとは

    「好きとしか言えないね」とLiLiCo 映画評論家全員が満点のヒューマンドラマとは

    週刊朝日

    6/29

    老いても人生は最後までわからない 評論家4人とも「ぜひ観て」と絶賛の南米映画

    老いても人生は最後までわからない 評論家4人とも「ぜひ観て」と絶賛の南米映画

    週刊朝日

    7/11

  • 映画評論家が全員最高点! 韓国社会の“ゆがみ”を描いたアカデミー賞候補作

    映画評論家が全員最高点! 韓国社会の“ゆがみ”を描いたアカデミー賞候補作

    週刊朝日

    1/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す