女子アナ界の真の“覇者”は高橋真麻?ドン小西の評価は「そこそこ時代のシンボル」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女子アナ界の真の“覇者”は高橋真麻?ドン小西の評価は「そこそこ時代のシンボル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドン小西

ドン小西

高橋真麻(タレント・フリーアナウンサー)/1981年、俳優・高橋英樹と元女優の小林亜紀子の長女として、東京都に生まれる。東京女子大学卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。9年務めた後、退社してフリーに。2018年に一般男性と結婚し、20年5月、第1子を出産=7月6日、投資資金がたまる歩数計アプリの発表会で、公の場に出産後初登場(写真=GettyImages)

高橋真麻(タレント・フリーアナウンサー)/1981年、俳優・高橋英樹と元女優の小林亜紀子の長女として、東京都に生まれる。東京女子大学卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。9年務めた後、退社してフリーに。2018年に一般男性と結婚し、20年5月、第1子を出産=7月6日、投資資金がたまる歩数計アプリの発表会で、公の場に出産後初登場(写真=GettyImages)

 出産後に初めてイベントで公の場に登場したタレント・フリーアナウンサーの高橋真麻さん。ファッションデザイナーのドン小西さんがファッションチェックした。

【写真】今回チェックした高橋真麻さんのファッションはこちら

*     *  *
 育ちもよし、頭もよし、性格もよし。アナウンサーとしての能力もあって、おまけに歌もうまくて、愛嬌があって……。知り合いに聞いてみると、生き馬の目を抜く女子アナ界の同僚からの評判も上々。彼女を悪く言う人は、不思議とあんまりいないんだよね。
 
 出産後の初お目見えとなったこの日のイベントのファッションだってそうだよ。デザインだけ見るとトップスも、足元のパンプスもごく普通。特徴といえば、キュロットのストライプぐらいだよ。ただし、イベントのイメージカラーに合わせただろう黄色が、いい感じに効いてる。彼女のキャラとマッチして、沈みがちな世の中を、明るく元気にしてくれそうだもの。

 そうやって上手に人生を歩んできて、今度は結婚、出産、復帰って、女子アナの中でも、屈指の成功例じゃないかね。ま、秘訣は飛び抜けないそこそこ感。今の世の中、尖った才能は嫌われる。カリスマアーティストも、テレビで芸人にいじられてナンボだもんね。で、評価3DONくらいの人が一番人気に。そんな時代の象徴みたいな存在だよ。はい。もちろん星は、3DONで!

■評価は……?
3DON! 「3DONの中の3DONです」
※満点は5DONです

高橋真麻(たかはし・まあさ)/タレント、フリーアナウンサー。1981年、俳優・高橋英樹と元女優の小林亜紀子の長女として、東京都に生まれる。東京女子大学卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。9年務めた後、退社してフリーに。2018年に一般男性と結婚し、20年5月、第1子を出産。7月6日、投資資金がたまる歩数計アプリの発表会で、公の場に出産後初登場

(構成/福光恵)

週刊朝日  2020年7月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい