コロナ禍でも競馬が人気! 「日本ダービー」から始める初心者向けガイド (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍でも競馬が人気! 「日本ダービー」から始める初心者向けガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日
「大魔神」の愛馬ヴァルコス(中央)は怖い伏兵(写真/JRA提供)

「大魔神」の愛馬ヴァルコス(中央)は怖い伏兵(写真/JRA提供)

日本ダービーの予想 (週刊朝日2020年6月5日号より)

日本ダービーの予想 (週刊朝日2020年6月5日号より)

馬券の種類 (週刊朝日2020年6月5日号より)

馬券の種類 (週刊朝日2020年6月5日号より)

 新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ大会が軒並み中止・延期となる中、無観客ながらレースを続ける競馬が人気を集めている。5月31日には祭典・日本ダービーが行われる。スポーツ観戦に飢えている人は、これを機に「出走」してみては。

【日本ダービー予想】スポーツ記者、「馬女」女優の本命は?

*  *  *
「2月29日~5月17日の売り上げは、前年比91.4%。4月の1カ月間ですと、同96.6%です」

 日本中央競馬会(JRA)広報部の担当者は言う。JRAは2月末から無観客で競走を実施し、繁華街にある場外馬券売り場も入場禁止。大幅に売り上げが落ちているかと思いきや、ほぼ維持している。

 というのも、会員登録してインターネット投票(※)で馬券を購入する人が激増しているからだ。2月27日~5月17日の新規登録者数は29万8152人にも上る。他にスポーツがないため、初めてやってみたという人も多いことだろう。

 31日には競馬の格付けで最上位のGIレース、日本ダービー(東京競馬場・芝2400メートル)が控える。本場・英国で1780年に始まった3歳馬ナンバーワンを決めるレースを踏襲する形で、1932年に始まった。朝日新聞スポーツ部の有吉正徳記者が説明する。

「馬の生産者の大半は、4年後のことを考えて、この牝馬(ひんば)にはどの父を種付けするか決めます。4年後のダービーで勝つ馬を作りたい、と。日本で1年に生まれるサラブレッドは約7千頭。ダービー馬はその頂点に立つのです」

 後述のように、今年のダービーを見ることで、歴史の証人になれるかもしれない。競馬を始めるには、またとない機会なのだ。

 最有力馬は4月19日の皐月賞(中山・芝2000メートル)を制したコントレイルで、これまで4戦4勝。もし無敗のままダービーを制すれば、父・ディープインパクト以来15年ぶりだ。父子2代での無敗のダービー馬はシンボリルドルフとトウカイテイオー以来、史上2組目となる。

「コントレイルは、ディープ産駒(さんく)の最高傑作の可能性があります。昨年の東スポ杯(東京・芝1800メートル)のタイムがあまりに速すぎ、スピード系のマイラー(1600メートル前後の距離を得意とする馬)かと思われました。でも、皐月賞で勝ち、距離も大丈夫だと示しました。矢作芳人調教師によれば、去年までは前脚が強い走りでしたが、今では後ろ脚も強くなり、前輪駆動から四輪駆動になったそうです」(有吉記者)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい