吉村知事に“敗北”したパチンコ店オーナーが激白「お客さんが殺到し、三密になり従業員らに不安広がった」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

吉村知事に“敗北”したパチンコ店オーナーが激白「お客さんが殺到し、三密になり従業員らに不安広がった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
今西憲之週刊朝日#新型コロナウイルス
休養要請に応じた大阪府内のパチンコ店(撮影/今西憲之)

休養要請に応じた大阪府内のパチンコ店(撮影/今西憲之)

 大阪府の吉村洋文知事は4月30日、府の休業要請に応じず、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいて店名を公表した府内の10のパチンコ店のすべてが休業したと発表した。

【写真】勝利した吉村氏の素顔とは?女性職員には意外な“評判”も… 

 吉村知事は「(店名公表は)強権だ、(逆に客が押し寄せて)密を集める、とか言われましたけど、結果はこれです」と胸を張って”勝利宣言”した。

 吉村知事は休業に応じないパチンコ店名を同24日、公表に踏み切ったが、当初は公表された店舗含め、28店舗が営業を続けていた。

 だが、 吉村知事は休業要請に応じず営業を続ける7店について、特措法45条に基づいて「5月1日からの休業」を指示すると表明。特措法に基づく指示は要請より強い行政処分となり、店は履行義務が生じる。

 吉村知事の“圧力”に屈し、すべてのパチンコ店が”白旗”を上げた格好だ。店名公表をされた、パチンコ店の役員はこう話す。

「店の前に急に、大きなカメラを担いだマスコミがたくさんやってきた。何事なんやと思ったら、休業要請に従わなかったと吉村知事がうちの店名を公表したと。まさかの事態。うちの客入りは普段、約50~60%の客数。それが店名公表で、多くのお客様が押しかけ、店内が三密になってしまい、従業員たちに不安が広がった。これ以上、続けるのは、まずいと判断しました」

 その後、店名を公表された店や府から要請書が届いた店は、次々に「休業」をいう貼り紙を出していった。

 しかし、記者が取材に行くと府内のあるパチンコ店は28日朝、開店前から大行列。整理券を午前8時半から配布しなければならないほど、人で溢れていた。開店の15分前には、駐車場に200人以上が行列を作った。

 開店と同時に整理券の番号に従って店内になだれ込むお客の対応に当たっていた店員はこう胸の内を打ち明けた。

「ゴールデンウイークになるともっと、お客さんが多くなる。お客さまの来店には感謝ですが、自分たちの健康を考えると、1日、何百という人に接するわけで、コロナに感染しないかと怖くて……」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい