注目集める元木大介ヘッドコーチ 「監督として見たい」の声も (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

注目集める元木大介ヘッドコーチ 「監督として見たい」の声も

このエントリーをはてなブックマークに追加
牧忠則週刊朝日
巨人の元木大介ヘッドコーチ (c)朝日新聞社

巨人の元木大介ヘッドコーチ (c)朝日新聞社

 巨人・元木大介ヘッドコーチ(48)の存在感が増している。スポーツ紙の担当記者は、こう分析する。

【ファンが選んだ!平成で最もカッコいいバッティングフォームはこの選手】

「元木さんは選手と信頼関係を築くのがうまい。コミュニケーションを密に取るし、練習中は厳しいけど根っこに愛情があるから選手も心を開く。原辰徳監督の慧眼に驚かされるばかりですね。コーチに抜擢したときは『タレントにコーチをやらせるのか』と球団OBからの反発も多かったので」

 元木ヘッドコーチは2018年オフに3度目の監督に就任した原監督から打診を受け、1軍内野守備兼打撃コーチに就いた。引退後はタレント活動を主体にしていただけに、13年ぶりの現場復帰には驚きの声が多かった。

 ただ、指導者としての素養を名将たちは見抜いていた。18年1月に亡くなった星野仙一さんは生前、「あいつは野球をよう知っとるから」と元木ヘッドコーチをU12(12歳以下)日本代表監督に推薦していた。

 昨年リーグ優勝し、ヘッドコーチに昇格。巨人のユーチューブ公式チャンネルでは、春季キャンプ中の元木ヘッドコーチに密着した動画が再生回数45万回を超えた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい